腎臓が悪くなると出てくる「各症状」のいろいろを知ろう

[監修]東京女子医科大学 第四内科学 血液浄化療法科 教授 土谷 健(つちや けん)先生プロフィール

慢性腎臓病(CKD)と高血圧慢性腎臓病(CKD)と高血圧

「CKD」と「高血圧」の関係

「CKD」とは、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下するか、あるいはタンパク尿が出るといった腎臓の異常が3か月以上続く状態をいいます。

CKDは高血圧などの合併症を発症しやすく、また逆に高血圧は腎臓病を悪化させるという悪循環の関係をつくります。

高血圧とは、血圧が正常より高い状態が持続する病気です。

高血圧は病状が進むまでは自覚症状が少なく、重症化すると、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴りなどが生じますが、CKDが原因となり、これらの症状がみられることがあります。

腎臓の糸球体の血圧は、血液をろ過するために一定に保たれています。

腎臓の病気があると、糸球体のろ過の働きが悪くなりますが、その状態でも血液をなんとかろ過しようとするために高血圧になります。

こんな記事もおススメです! 腎よもやま話「高血圧と慢性腎臓病」