腎臓「働き」いろいろを知ろう

[監修]東京女子医科大学 第四内科学 血液浄化療法科 教授 土谷 健(つちや けん)先生プロフィール

はじめにはじめに

腎臓とは

腎臓は体の腰のよりやや高い位置の背中側に、背骨を挟んで左右1個ずつあります。

右の腎臓は肝臓に押し下げられて、左の腎臓よりも少し低い位置にあります。

ソラマメのような形をしていて大きさはこぶし大(長径10〜11cm、短径5〜6cm、厚さ4〜5cm)で重量は120〜150g程度です。

腎臓の上にはホルモンをつくる副腎が乗っており、腎臓と一緒に腎筋膜という硬い皮膜に覆われています。

この腎筋膜の中には脂肪が豊富に含まれており、保温とクッションの役割を果しています。

このような構造により腎臓は大切に守られています。