腎臓は「尿をつくる」ほか、生命・健康の維持のための重要な役割を担っています。腎臓についてよく知り、いたわる気持ちを育んでいきましょう。[監修]東京女子医科大学 血液浄化療法科 教授 / 第四内科 兼任教授 土谷 健 先生

腎臓は「尿をつくる」ほか、生命・健康の維持のための重要な役割を担っています。腎臓についてよく知り、いたわる気持ちを育んでいきましょう。
[監修]東京女子医科大学 血液浄化療法科 教授 / 第四内科 兼任教授 土谷 健 先生

腎臓にやさしい生活習慣を知ろう

第2回 腎臓と運動習慣第2回 腎臓と運動習慣

生活習慣病と腎臓病の関係

高血圧や糖尿病等の「生活習慣病」や、患者数の増大が社会問題となっている「メタボリックシンドローム」は、腎臓病を引き起こすリスクが高いことが知られています。

メタボリックシンドロームとは、高血圧、糖尿病、脂質異常症を2つ以上合併している状態のことをいい、複数の異常が重なるメタボリックシンドロームは、腎臓への負担をさらにかけることになります。

腎臓病と悪循環の関係にある生活習慣病やメタボリックシンドロームを予防・改善することで、腎臓病をはじめとするさまざまな病気の予防につながります。

生活習慣病やメタボリックシンドロームの改善には、適度な運動習慣を生活に取り入れることが大切です。

国内の腎臓病医療の中枢的役割を担う日本腎臓学会は「腎疾患の生活指導ガイドライン」を作成し、腎臓病の程度に応じた日常生活における運動、働き方などの活動の目安を示しています(表)。

たとえば慢性腎臓病(CKD)のステージ(病気の進行度合い)1の場合は、普通の人と変わらず、水泳や登山などの激しいスポーツをしても大丈夫とされています。

一方、腎臓病が進行している患者さんでは、運動が制限される場合もあるので、主治医と相談して運動内容を決めてください。

ADPKD患者さんも日常に適度な運動を

運動不足などにより、生活習慣病やメタボリックシンドロームを発症するのが良くないのは、常染色体優性多発性のう胞腎(ADPKD)の患者さんも同じです。

ADPKDで推奨されている運動は特にありませんが日ごろから適度な運動をするよう心がけましょう。

運動をするときは、汗をかいて、体内の水分が失われますので、運動後は腎臓の負担を軽くするためにも、水分を十分に摂りましょう。

適度な運動は、血圧を正常に保つためにも有効です。

ただし、腎臓が大きくなってきたら、腹部に衝撃が加わるような激しい運動はのう胞出血や痛みの原因になるので避けてください。

このように、腎臓病の発症や進行の予防には、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防・改善が重要であり、適度な運動が欠かせません。病状にもよりますが、可能な範囲で、毎日の生活の中に積極的に運動を取り入れることが望ましいでしょう。

2016年11月作成
SS1611683

このページの先頭へ