腎臓は「尿をつくる」ほか、生命・健康の維持のための重要な役割を担っています。腎臓についてよく知り、いたわる気持ちを育んでいきましょう。[監修]東京女子医科大学 血液浄化療法科 教授 / 第四内科 兼任教授 土谷 健 先生

腎臓は「尿をつくる」ほか、生命・健康の維持のための重要な役割を担っています。腎臓についてよく知り、いたわる気持ちを育んでいきましょう。
[監修]東京女子医科大学 血液浄化療法科 教授 / 第四内科 兼任教授 土谷 健 先生

腎臓「働き」いろいろを知ろう

第2回 水分、電解質の調整第2回 水分、電解質の調整

水分量と電解質量のバランスを保つ

体内の水分量や、体液に含まれる電解質量のバランスを保つのも、腎臓の役割の1つです。

人の体は、約60%が水分でできています。

汗を大量にかくなど、体内の水分量が不足したときは尿の量を減らします。

一方、飲み物や食べ物で体内の水分量が増えたときは尿の量を増やして余分な水分を放出します。

身体を体液が入っている「水槽」と例えると、水分の出入りを調節し、体内の水分量をコントロールするポンプのような働きをしているのが腎臓です。

「電解質(イオン)」とは、血液や体液に含まれるナトリウム、クロール(塩素)、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのことで、5大栄養素のミネラルに属します。

電解質は神経の伝達や筋肉の運動に深くかかわり、腎臓はこれら電解質の量を一定に保つ働きももっています。

腎臓の機能が悪くなり、電解質のバランスが崩れると、むくみが出てきたり、高血圧や心不全などをもたらします。

最悪の場合、生命の危機にかかわることもあります。

「排泄」と「再吸収」で環境を維持

血液をろ過して尿を作っているのが、腎臓のろ過装置としての働きをもつ「糸球体」と「尿細管」という組織です。

腎臓に送られた血液はまず糸球体でろ過され、老廃物を取り除いた尿のもととなる液体(原尿)が作られます。

尿のもととなる液体(原尿)は、その後、尿細管を通るときに必要な電解質を再吸収します。

最後に、複数の尿細管が合流する「集合管」と呼ばれる管で必要な水分は再吸収され、再び血液に戻ります。

こうしてできるのが尿です。

尿は尿管で膀胱に運ばれ、膀胱でしばらく溜めておかれます。

そして、膀胱内の尿量がある程度になると体外に排出されます。

腎臓は、余分な水分や電解質、老廃物を尿として体外に排泄し、必要な水分と電解質は再吸収することで、体内を一定の環境に維持する働きをしています。

このページの先頭へ