腎臓は「尿をつくる」ほか、生命・健康の維持のための重要な役割を担っています。腎臓についてよく知り、いたわる気持ちを育んでいきましょう。[監修]東京女子医科大学 血液浄化療法科 教授 / 第四内科 兼任教授 土谷 健 先生

腎臓は「尿をつくる」ほか、生命・健康の維持のための重要な役割を担っています。腎臓についてよく知り、いたわる気持ちを育んでいきましょう。
[監修]東京女子医科大学 血液浄化療法科 教授 / 第四内科 兼任教授 土谷 健 先生

生活習慣病と慢性腎臓病(CKD)の関係

第2回 糖尿病と腎臓第2回 糖尿病と腎臓

「糖尿病」と慢性腎臓病(CKD)の関係

糖尿病による血糖コントロールが不十分で高血糖状態が長期間続くと、糸球体が障害を受けてたんぱく尿が出るようになり、腎臓のろ過機能が低下します。

この状態を「糖尿病性腎症」といいます。

糖尿病性腎症も慢性腎臓病(CKD)の1つです。

糖尿病の治療をしないまま、高血糖状態が続くと、腎機能は悪化し続けます。最終的には、尿を作る能力が失われた、腎不全の状態になります。

最近の報告では、糖尿病性腎症が進行し、透析が必要となる患者さんの数が急増しています。

新たに透析になった患者さんを病気ごとに分けると、糖尿病性腎症が第1位で4割以上を占めています(※)。また、現在透析を受けている患者さんの原因となった病気も、一番多いのは糖尿病性腎症です。

一方、糖尿病性腎症が進行すると、糸球体の中の血管が狭くなり、ろ過作用が低下して、血圧が上昇するため、高血圧になりやすくなります。そして、さらに腎臓の状態を悪化させるという悪循環に陥ります。

このため糖尿病性腎症の発症・進展を抑制するには、血糖コントロールを良好に保つことが大切になります。

  • 2014年末時点。わが国の慢性透析療法の現況(一般社団法人日本透析医学会)

糖尿病と腎臓病の食事療法

慢性的な高血糖状態を改善するためには、食事療法が特に重要です。

糖尿病の食事療法は、腎臓の障害の程度によって変わってきます。

糖尿病患者さんの食事療法は、血糖をコントロールすることが目的です。血糖値をコントロールするため、主に糖質を減らした低エネルギー食になります。

糖尿病性腎症の進行時には、血糖コントロールと同時に腎症の進行防止が重要になります。糖尿病の食事療法に加えて、たんぱく質や塩分、カリウムの摂取量を制限します。

また、カロリーが不足すると体は筋肉などのたんぱく質を分解してエネルギーとして使用し始めます。それを防ぐため、たんぱく質を減らした分は炭水化物や脂質の割合を増やし、適切なエネルギー量を摂るようにします(表)。

高血糖によって腎臓が傷んでしまう「糖尿病性腎症」は早期に発見し、血糖コントロールを良好に保つことで、病気の進行を抑えることができます。

2016年10月作成
SS1610548

このページの先頭へ