多発性嚢胞腎の患者さんは、
障害年金を受給できる可能性があります

障害年金は、病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金で、老齢年金と同じ公的年金です。
多発性嚢胞腎による腎機能の低下は、生活や仕事などの制限になることも多く、受給条件を満たせば、障害年金を受け取ることが可能です。

取材協力:社会保険労務士法人ステラコンサルティング http://stella-sr.net/
詳しくは「障害ねんきんナビ」をご覧ください。 https://www.shougai-navi.com/